Lamptron FCT Touch、取り付けてはみましたが疑問が残ります。

2014年1月22日 | By ogapon1043 | Filed in: FC Touchのこと, PCのこと.

昨年の10月頃、LAMPTRONのファンコントローラが格好よくて一目惚れした、という旨を書きました。
実は、昨年末、購入していたのですが、まったく手付けずで放ったらかしにしてしまっていました。
この度、ようやく取り付けしたのでいろいろ書いておきたいと思います。


スポンサーリンク


LamptronFCT1

購入したのは、LAMPTRON FCT Touch。
ボタンなどが一切ないシンプルなデザインがとても素敵です。
中身を取り出すと…

LamptronFCT2

6チャンネルありますので、ファンケーブルと温度センサーがそれぞれ6本、あとは4pinペリフェラルの電源ケーブルなどが入っています。
それから、しばらく放ったらかしにする原因となってしまった、説明書。
英語で簡単に書かれたものが1枚だけ…
温度センサーを貼り付けるテープなどの類いも入っていません。
デザインがシンプルなら箱の中もシンプルです、いろんな意味で。

興味のある方に参考になれば、というメモを書いておきます。
各ケーブルの長さです。
(個体差がある可能性がありますので参考程度に見て下さい)

・温度センサー・・・約74cm
・ファンケーブル・・・約53cm
・電源ケーブル・・・約22cm

温度センサーについては、かなり大きなケースであってもどこでも届く十分な長さがあると思いますが、ファンケーブルについては、ケース背面のファン等には届かない可能性があると思われます。
実際、私が使用しているEleven Hundredの背面のファンには約10cmくらい届かず、延長ケーブルを買い足さなければなりませんでした。

説明書が当てにならないので、感覚的にとりあえず取り付けてみました。

  LamptronFCT3

やはり、フロントパネルがフラットになるとスッキリしていいですね。

で、感覚的に付けた、という意味は、このファンコンはオートコントロールができるらしいのです。
ということは、温度センサーをしかるべき所にしかるべき固定をしないと、オートの意味がなくなってしまうと思うのですが、何せ説明書にそのような記載があるのかないのかすら分からない状態です。
きちんと温度が測定できてこそ、ファンの回転数をどれくらいにしたらいいか分かるというもの。
こうした初期設定について、もう少しちゃんとして欲しいなぁ、とちょっと不満に思ってしまいます。

果たしてこの状態で稼働させておいていいのだろうか、ちょっと疑問が残ります。
今の寒い時期は重要性がまだ低いのでいいのですが、暑くなったらファンコンはとても大切です。
できるだけ早く設定を煮詰めないといけませんね。



Tags:

One comment on “Lamptron FCT Touch、取り付けてはみましたが疑問が残ります。

  1. […] ログ Lamptron製ファンコントローラー、Touchの操作説明を書きました。先日、Lamptronのファンコン、Touchを取り付けた旨を書きました。 今回は、だいたいの操作方法を書いてみたいと思いま […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.