リムーバブルケースを装着したらホットプラグ対応への設定変更が必要でした。

2014年4月3日 | By ogapon1043 | Filed in: PCのこと.

昨日のエントリで、購入したリムーバブルケースがPCの電源を入れた状態からでは認識しない、と書きましたが、調べた結果、BIOSの設定をちょっといじってやることで簡単に解決できました。


スポンサーリンク

PCの電源が入ったままの状態で、HDDなどを脱着することをホットスワップといいます。
また、ホットスワップが可能である機器のことをホットプラグといいます。

で、このウルトララックマウンタは箱にも「ホットプラグ対応」と明記されているので、ホットスワップができないはずはありません。


MV-HDD5RACホットプラグ対応

このPCにSATA接続するHDDでホットスワップを行なうには、BIOSの設定変更が必要とのこと。
私が使用しているマザーボード、ASUS P8Z77-V PROでの設定変更について書きます。

まず、BIOSのアドバンスト・モードの詳細を開きます。


BIOSでホットプラグを有効に

SATA設定で、接続するSATAポートについて、ホットプラグを無効→有効に変更します。


BIOSでホットプラグの設定変更

保存して終了すれば、設定変更は終わりです。
ここで注意しておきたいのは、マザーボードにSATAポートがたくさんある場合、どれが該当のポートが判断しづらくなってしまうと思いますので、一度、PCにHDDを認識させてから設定変更を行なうと良いと思います。
BIOS設定画面のSATAポートにどのHDDが接続されているか表示されていれば、間違えることはないでしょう。
HDDを接続させていないと、該当のSATAポートにHDDが表示されません。

この簡単な設定変更だけで、無事、PCの電源を入れた状態からHDDを挿入&電源ONで認識されるようになりました。
もちろん、電源OFFでドライブの表示が消え、安全に取り出せることも確認できました。

これで、必要に応じて簡単にHDDの脱着ができるようになり、とても便利になりましたし、またPCケース内のHDDも必要最低限になりとてもスッキリしましたので、熱対策にもなったでしょう。

   



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.