Windows8優待購入プログラムの購入申込みは明日までです。

投稿者: | 2013年2月27日

昨年末、PCケース&電源、さらにCPU&マザーボード&メモリを交換したことに
伴って、新たにWindows7 ProfessionalのDSP版を購入していました。
マザーボードを換えたことでメモリが8GB以上使えるようになりましたが、
Windows7 HomePremiumでは16GBまでしか使えませんので、今後さらに
増やすことを考えてProにしていました。


スポンサーリンク

AmazonでDSP版で購入したので、Windows8優待購入プログラムによって、8が
わずか1,200円で購入できることになっていましたが、私は当面Windows8に
するつもりはなかったので、優待購入締め切り前日の今日になってようやく
購入申し込みをしました。
事前にググったところ、入手即Windows8にアップグレードしなくても、DVD
などにコピーして持っておくことも可能という話を見ていたので、私も
それならばメディアに入れて持っておこうということになりました。
そのままアップグレードしなければいけないようなら、この優待購入は諦めて
いたかもしれません。

さて、購入申込みをすると、まず、Windows8アップグレードアシスタントを
ダウンロードするよう指示があります。
で、それを実行すると、現在のPC環境でアップグレードするにあたって、どの
ような支障があるかを判定してくれます。
私の場合、5つほど要確認の判定が出ました。

  Windows8アップグレードインスタントで判定

5つのうち4つは大した問題ではなさそうですが、1つだけ、セキュアブートが
対応していない、というのはどうも宜しくないようです。
まあ、すぐに、Windows8にアップグレードするつもりはありませんので、
時間を見て確認しようと思います。

そして、このチェックを行なってから、購入手続きになります。
最初に、正規の価格25,800円と表示されますが、優待のプロモーションコードを
入力&適用すると、ちゃんと1,200円となりました。

  Windows8優待購入プログラムで1,200円

支払いはクレジットカードかPayPalのみ。
それ以外の支払い方法には対応していないようです。

無事購入手続きが済んだら、続いてファイルのダウンロード&インストール
ですが、私は先ほども書いたようにメディアを作るとこまでです。

  Windows8メディアを作ってインストール

「メディアを作ってインストール」を選択し、そのまま進むと、ISOファイルを
DVD-Rに書き込んで終わります。

  Windows8ISOファイルをメディアに書き込み

ちなみに容量的には2.8GBくらいありましたので、間違ってCD-Rなどへコピー
しないように。
しかし、私はこのディスクをいつ使うことになるのでしょう。
今のところ、Windows8を使いたいと思う理由が1つも見当たりません。

優待プログラムでのWindows8購入申込みは、明日2月28日までです。
対象のPCまたはソフトを購入した方で手続きがまだの方はお忘れなく!


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です