4月9日以降更新プログラムを適用したWindows7ユーザはご注意を。

投稿者: | 2013年4月13日

マイクロソフトが、4月9日に公開したセキュリティアップデートに、一部の
ソフトウェア(カスペルスキーらしいです)と共存できない状態になる現象が
起きているため、この更新プログラムの配信を停止すると共に、既に適用して
いるユーザにはアンインストールするよう求めています。


スポンサーリンク

データ等を失うものではないですが、場合によってはWindowsが起動できなく
なる等の問題が起きるようですので、既に適用してしまっているユーザは、
この共存できなくなるソフトウェアを使用しているいないにかかわらず、
この更新プログラムをアンインストールするのが良さそうです。
            マイクロソフトのサポートサイトを参照

手順としては、コントロールパネルから、
「プログラム」→プログラムと機能の「インストールされた更新プログラムを表示」
で一覧表示された中から、KB2823324をアンインストールします。

windows7セキュリティプログラムの不具合

該当プログラムを探して右クリックからアンインストールを選択します。
アンインストールの後、再起動が求めらるので、指示に従って再起動すれば
問題なさそうです。



スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です