TVチューナーカード、PX-W3PEの録画失敗はまったく予想外の原因でした。

投稿者: | 2013年11月8日

PCのTVチューナーで視聴できるチャンネル数が増えたこともあり、半年ほど前からチューナーカード、PX-W3PEを2枚挿しにしていました。
最高で、地デジ4チャンネル、BS/CS4チャンネルの計8チャンネルを同時視聴&録画可能な環境にしていた訳でした、が…


スポンサーリンク

しばらくは問題なく使えていたのですが、おそらく3か月前くらいからBS/CSを同時に3チャンネル以上録画する際に、何度か録画に失敗する事象が現れるようになりました。
ということは、チューナーカード1枚で事足りる場合は問題がなく、2枚使わなければならない場合にのみ起きる現象のようです。
ですが、質が悪いことに、3チャンネル以上の録画で必ず起きるというわけではなく、録画できる場合と録画できない場合があり、その原因がまったく分からずに困り果てていました。困るというより、気持ち悪くて嫌でした。
しかし、今日、ようやく原因が分かりました。

さて、まず先に簡単に視聴環境の説明を書いておきます。

今、PCのあるこの部屋には、2本のアンテナ線を引き込んでいます。
1本のBS/CSアンテナからいくつかの部屋に分配され、さらに私の部屋はその中でも最もアンテナから遠いのでなかなか大変なのです。
チューナーカードを2枚にする際、従来の1本のアンテナ線をさらに2枚のチューナーとテレビに分配したところ、感度が悪くどうしようもない状態でした。
そこで、いろいろ考えて、隣りの部屋に引き込まれていた未使用のアンテナ線をこちらの部屋に引き込むことにしました。
この線は、今までこの部屋にあった線と同じレベル、同一の3分配器で分けられたうちの1本です。
で、この2本のアンテナ線をそれぞれのチューナーカードに繋げられれば理想的なのですが、どちらかはテレビに分配しなければなりません。
ですので、私のPCの2枚のチューナーカードのアンテナ線はレベルが異なっている訳です。

1枚目のチューナーカードは、アンテナ線をそのまま地デジとBS/CSに分波して接続。

アンテナ線 -→ 分波 ⇒ チューナー接続

2枚目のチューナーカードは、テレビと2分配した後、分波して接続。
さらに、2枚目のチューナーカードの方は、やはりアンテナレベルが弱いため、ラインブースターCSB-C25-SPを咬ますことでようやく一部のチャンネルを除いては視聴できるレベルになっています。

アンテナ線 -→ ラインブースター → 分配 → 分波 ⇒ チューナー接続
                              ↘ テレビ

分かりづらいでしょうが、まあこんな感じです。

で、細かい事象まで書くと長くなってしまうので、できるだけ簡潔に書きます。
問題は、

 同じ状況のはずなのに録画できている時と録画できていない時がある

ということ。
先程も書きましたが、BS/CSを3番組以上という時なので、2枚目のチューナーカードの側に何かしら原因があることは間違いなさそうでした。1枚のカードで済む条件下では一切起きていませんでしたし。
さらに、この事象が起きるのは、自分がPCを離れている時のようでした。
留守中だったり、寝ている時だったり。
で、それも、起きている間は録画できていたのに、PCから離れて寝始めた以降に映像が止まっているなどますます謎だらけでした。
もちろん以前はこうした録画もできていたのは間違いありません。だからこそ、問題というか気持ち悪っかたのです。

しかし、今日、ようやく原因が分かったのです!

まず、随分前から使っていた古い分波器を新たに買ってきた新しいものに取り替えようと、テレビの電源を切ったところ、ラインブースターの赤いパイロットランプが消えたのです。PCの方はまだ電源が入っているのに、です。
ということは、テレビからしかブースターの電源が取れていないということになります。
本来は、テレビを切ってもPCが稼働している場合は、PCからの電力でブースターが動いていないと役割を果たせません。
もちろん、逆もしかりです。PCに電源が入っていなければ、テレビからの電力でブースターは動くわけです。
どちらかが動いていたら、その動いているものから電力を受けている状態でないとブースターの意味がありません。
ということで、テレビを切った状態でPCから電力を送るには、チューナカードPX-W3PEのユーティリティにLNB_ONというコマンドがあるのでこちらを実行してやります。
実際にやってみると、やはりパイロットランプが赤く点きました。


ラインブースターが動いていませんでした

これで、PCからも電力が行くようになりブースターが常時稼働するはずです。
確かに、この間、何回かPCの電源を完全に切ってチューナーカードを抜き挿ししたり、オーバークロックを試すためにBIOSをいじったりリセットしたりしていましたので、以前にLNB_ONしていたものも無効になっていたとしても不思議はありません。

ようやく、原因が分かり解決することができました。
まあ、分波器を購入する必要はなかった訳ですが、危うく1万円近くもする卓上ブースターにも手が伸びかけていたので、それを考えれば安いものです。
それにしても、まさかテレビを消しているとPCで録画が失敗するなんてまったく想像もできませんでした。

こういうことも、自作PCだからこそ勉強できることですね。
これで心置きなく留守録ができます。
よかったよかった。


日本アンテナ CS・BSラインブースター CSB-C25-SP


スポンサーリンク


TVチューナーカード、PX-W3PEの録画失敗はまったく予想外の原因でした。」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 1043ブログ» ブースターがなければ映らない視聴環境です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です