PCのスピーカーをクリップ式にしました。

投稿者: | 2020年7月6日

モニターアームで2台のディスプレイを机の上から排除し、さらに、スッキリさせたくてスピーカーもディスプレイに挟むクリップ式に交換してみました。

机上が一番スッキリするのは、もちろん、ディスプレイ内臓スピーカーなのですが、やはり音質があまりに軽過ぎて、これまではAnkerのBluetoothスピーカーを使用していました。
ただ、スマホの音楽を再生するのとは区別するため、PC本体とは有線で接続していましたし、さらに、週に1度程度は充電をしたりでかなり面倒でした。

そこで、今回購入したのが、MM-SPU17BKという製品。

以前からこういったクリップ式のスピーカーがあったのは知っていましたが、レビューなどあまり評判が良くなさそうでしたので、ようやくモデルチェンジで改善した(らしい)こちらの商品を購入することにしました。
1つ気になっていたのは、今使用している2台のディスプレイは、ベゼルが薄いタイプで上側には付けられそうになく、下側にうまく挟んで取り付けできるかどうかという点。

で、結果は…

パッと見は問題なく付いているようですが、クリップの裏側は面ではなく、角の部分を挟んでいる感じで、安定感はイマイチ。グラグラするほどではありませんが、何回もスイッチのオンオフを繰り返していると、そのうち外れてしまうかも…。

とはいえ、PC本体とUSBケーブル1本だけで接続されるので、PCの電源を切ればスピーカーも一緒に切れるため、スピーカー自体に触れることはさほどなさそうです。
それに、モニターアームにUSBケーブルを通してしまえば、本当にスッキリするのでかなり良いです。

音質については、メーカーが「低音強化」と謳っているくらいですから、ディスプレイ内臓の軽い感じとは違い、通常使用するには不満は感じません。

ということで、今まで使用する度に手動でオンオフしたり、充電を気にしたりといった煩わしさから解放され、かなり便利になりそうで満足しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です